著作権について

当サイトの文章・デザイン構成等のコンテンツ(以下総称して「コンテンツ」といいます)の著作権は当方にあり、著作権法の保護を受けています。
当サイトの全てのコンテンツの転載・転用・模倣およびこれらに類する一切の行為(以下総称して「転用等」といいます)を禁じます。(無論、著作権法に定められた必要用件を満たした適法な引用は含みません。)

当サイトのコンテンツを、たとえ一部分・短文でも、範囲の大小にかかわらず、コピペしたり、文頭/文中/文尾等を書き換えたり・編集したり、あたかも自分で書いたものであるかのように装って、ホームページや他媒体に転用等することはくれぐれもお止め下さい。

当サイトのコンテンツはどれも、当方の視点で一つ一つ表現にこだわって制作したものです。「短い文節ぐらいならコピペしてもバレないだろう」「ところどころ修正すればパクってもバレないだろう」とたかをくくっていても、遅かれ早かれ、まず間違いなく発覚します。一昔前とは違い、検索エンジンが高精度化した昨今では、Googleなどで検索にかければ、本家とパクリが一緒に検出されるからです。
当サイトからの転用等による著作権侵害を発見した場合、警察に通報し刑事告訴します。
※既に転用等を行なっている方は、発見される前に、すみやかに削除されることを強くお勧めします。

著作権侵害は犯罪です。
「10年以下の懲役」もしくは「1,000万円以下の罰金」または、その両方(懲役刑と罰金刑)が科せられることがあります。(著作権法119条)