サイドウォーク(ムーンウォークの横バージョン)

   

サイドウォークとは、マイケルジャクソン(Michael Jackson)のダンスで有名なムーンウォーク(moonwalk)の横バージョンのことをいう(サイドスライドとも呼ぶ)。正面を向いたまま宙に浮いているかのように滑らかに横方向にスライド(フロート)するステップで、ポッピング・アニメーションのフローティングスタイルに属するテクニックである。

マイケルジャクソンといえばムーンウォーク(正式な技名はバックスライド)であまりに有名であるが、このサイドウォークも得意としており、映画「ディス・イズ・イット(THIS IS IT)」や過去のPV、ライブ映像の中でも頻繁に見ることができる。

また、映画「ブレイクダンス(米題Breakin')」の有名な『ターボのホウキ』のシーンでターボ役のブガルーシュリンプがホウキを片手にストリートを横に滑る技もこのサイドウォークである。

  • クラブステップをベースとした定番のサイドウォークのやり方(右から左に進む場合)
    1. 踵を揃え爪先を開いた「ハの字」(がに股)の状態で立ち、右足を爪先立ちにして準備する
    2. 爪先立ちにした右足に全体重を乗せ、体重のかかっていない左足をべた足の状態で左方向にスライドさせる
    3. 適当なところで、スライドさせた左足を爪先立ちにして全体重を乗せると同時に先ほどまで爪先立ちにしていた右足の方をべた足にする
    4. 左足の爪先と右足の踵を軸に「逆ハの字」(内股)にする
    5. べた足になっている右足を左足の横まで引き寄せるようにスライドさせる
    6. スライドさせた右足を爪先立ちにして全体重を乗せると同時に先ほどまで爪先立ちにしていた左足の方をべた足にする
    7. 左足の踵と右足のつま先を軸に「ハの字」(がに股)にする
    8. その後は上記の2~7を継ぎ目なくスムーズに繰り返すことでサイドウォークが実現する
  • サイドウォークのポイントやコツ
    • ベースになっている「クラブステップ」をより完璧に習得することで、一層イリュージョン効果を高めることができ、本当に地面から浮いているような雰囲気を醸し出すことができる
    • いったん滑り始めたらスライド速度を一定に保つ(ステップと重心移動のタイミングがうまく噛み合っていないと移動スピートが速くなったり遅くなったりしてしまい不思議に見えなくなってしまうので注意)
    • 頭の高さがぶれないように一定にキープし続けることが大事
    • スライドする方の足は地面を擦るのではなく、見た目にわからないぐらい浮かせて行なうことで床条件にかかわらずスムーズなスライドができる
    • 一歩一歩のスライド幅を広く取ることで一層浮遊感が増す
    • 身体が横に傾くことなく常に姿勢を真っ直ぐ保つ。身体の向きも真正面をキープする