アイソレーション(分解運動、独立運動)

   

アイソレーションとは、体の各部分を単独で動かす基本技術、トレーニング体操のことで、動かす部位としては首、肩、胸、腹、腰、肘、手首、上半身、下半身、脚、膝、足首など沢山のパーツがある。略して「アイソレ」とも呼ばれる。

ヒップホップダンス(hiphopdance)、ジャズダンス(jazz dance)などストリートダンス(streetdance)の様々なスタイルやパントマイム(pantomime)を行なうときに最も基本となる体の使い方。ブレイクダンス(breakdance)のスタイル、ポッピング(popping)の「人間離れした不思議な動き」を行なう上では不可欠となる基本技術である。

このアイソレーション(isolation)をベースにポッピングが成り立っているといっても過言ではないほど重要な要素であり、より高度なアイソレーションの技術を習得することで一層人間業とは思えない不思議な技や動きができるようになる。アニメーション(animation)、ブーガルー(boogaloo)、ロボットダンス(robotdance)、スネーキング(snaking)、タット(tut)、ストラット(strut)など、それぞれのスタイルで基本のアイソレーションの「型」があるため、それらの型を一つ一つ確実に習得していくのが上達の秘訣である。

  • アイソレーションのやり方
    • 上半身のアイソレーションは、肩幅程度に足を広げて立ち、腰の位置は固定し、肩のラインをキープしたまま、上半身を前後もしくは左右にスライドさせる。それができたら更にステップアップし、右→後→左→前の順番で四方に動かす(逆回りも行なう)
    • 首のアイソレーションは、肩のラインを床と平行にキープしたまま、顔(頭)を前後左右にスライドさせる。両腕を真上に伸ばして、頭の側面(耳)を腕につけるように意識して練習を行なうと比較的感覚がつかみやすい
  • アイソレーションのポイントやコツ
    • 上半身のアイソレーションは訓練が足りないと、肩のラインが傾いて窮屈な体勢になってしまうため、しっかり訓練して肩のラインを地面と並行に保てるようにすることが大事
    • 首のアイソレーションは頭を真っ直ぐにキープして行なうことが大事(最初は首が動かず、頭が傾いてしまいがちなので注意)
    • どの部位のアイソレーションを行なう場合でも、最初は動かしたいところばかりに意識が行きがちだが、よりクオリティの高いアイソレーションを行なうためには、動かすところ以外の部位をしっかり止めておけるように意識して訓練することがポイントとなる

    このように、アイソレーションは普通の人間にはない動きで訓練によって習得するものであるため、どの部分においても「どこをキープしてどこをどう動かすのか」という正しいやり方を学び、練習を繰り返して「正確さ」と「稼動域の広さ」を習得することがポイントとなる。