タット(tut)

   

タットとは、ポッピング(popping)はもちろん、ヒップホップダンス(hiphopdance)でも頻繁に取り入れられている人気のアニメーションダンステクニック。手で作った形をパズルや知恵の輪のように複雑かつ素早く組み合わせて踊るワザ。タットはキングタット(king tut)のように明確に体系化されたスタイルとは異なり基本さえ押さえておけば組み立て方の自由度はかなり高いため、それぞれのポッパー(popper/ポッピング・ダンサー)の探求によって様々なスタイルのタットが存在する。より複雑で、えぐいものとするためにキングタットやストラット(strut)、ボックススタイル(box style)などの手技や、様々なステップ、ムーブをミックスして用いられることが多い。

  • タットのやり方
    タットは、手首や指先、肘などを巧みに使って複雑に組み合わせ、機械が動いているかのような人間離れした動きとパターンを作り出す。「動かすところ」と「止めておくところ」を明確に分けておけばどう組み立てても良いが、最初の取っ掛かりとして様々な基本パターンがあるため、それらを練習して基本を身に付けるようにすると学び易い。
  • タットのポイントやコツ
    タットはパターンを真似るだけでは、単なる「ルーティーン(振り付け)」となってしまう。アニメーション ダンス(animation dance)のヤバイ「技」にまで高めるためには、基本のパターンのやり方やポイントをしっかり覚え、人間離れした雰囲気と正確さが出せるように繰り返し練習することが重要である。