ポッピング(POPPING)・アニメーションダンスレッスン

ポッピング(POPPING)・アニメーションとは
ブレイクダンスの一種で、人間の動きを超越した不思議な動きで皆の度肝を抜き目を釘付けにするダンススタイルです。マイケルジャクソン(Michael Jackson)のカクカクした超絶ムーブやムーンウォーク、テレビでも人気のダンスボーカルグループ「PaniCrew(パニクルー)」のダンスがポッピング・アニメーションの一例です。ポッピング・アニメーションには、ポップ、ウェーブ、ムーンウォーク(フローティング)、ロボットダンスなど、あっと驚くような沢山のテクニックがあります。(→より詳しい解説は「ポッピング講座」をご覧ください。)

ポッピング・アニメーションは老若男女問わず楽しめるダンスジャンルの一つ
あっと驚く人間離れした動きを見ると、とても私にはできないと思ってしまうかもしれませんが、ポッピング・アニメーションは他のダンスジャンルに比べて運動神経も体力はそれほど必要ありません。実際、40代、50代から始められてバリバリ踊っている方も結構多いんですよ。

ポッピング・アニメーションダンスレッスンではどんなことをやるの?
マイケルジャクソンで知られるムーンウォークの様々なバリエーション、身体の中を波が通ったようにみせるウェーブ、身体をヒットさせて踊るポッピング、ビデオをコマ送り再生したときのようにカクカクと動く技術であるティッキング、機械のように身体を動かすいわゆるロボットダンス、タットと呼ばれる手のポーズをまるでパズルや知恵の輪のように複雑に組み合わせて踊るスタイル、スパイダーやコブラなどの代表的なアニメーションダンス技など、様々なスタイルのやり方を1から学びます。